高低差のある敷地 駐車場

before
DSCN3536
horizontal
after
DSCN3855
射水市のお客様邸、駐車場部分が完成しました。
前回のブログでも書いた通り、こちらの地域は住宅敷地と道路の高低差が大きい場所なので、
住宅から道路までを全て土間コンクリートにするのではなく、土留めとしてのコンクリート塀で一度区切りをつけてあります。
こうすることで丁度良い勾配をとることができます。
DSCN3856
駐車場からお庭への通路にはコンクリートで階段を施工しました。
これで車を降りた後道路を回らずに敷地に入ることができます。

今回の用に高低差のある敷地のご提案は初めてだったので、勉強させていただく部分も多かったです。
M様邸の工事は残すところ表札のみですが、また施工事例を更新させていただきます。


コメントを残す

このスタッフのその他の記事はこちら