浜田ブログ (高岡店所属)

2019年9月11日|カテゴリー「浜田ブログ (高岡店所属)
富山県のエクステリア・外構工事会社「庭工房SEKITOH」から、
日々のできごと、施工状況やお庭に関する情報を発信しています♪
P1060635

庭工房SEKITOH高岡店の浜田です。

9月に入ったものの、台風の影響なのか、荒れた天気が続いていますね
温度差が激しい季節の変わり目、体調に気を付けて過ごしたいものです。

さて、先日から幾度かお伝えしております射水市の打ちっ放し塀のお客様邸。
ついにコンクリートが流し込まれ、壁になりました

コンクリート打ちっ放しといえばの特徴的な丸い跡、
型枠のパネルをつなぎ合わせるセパの跡です。

詳しい内容はぜひ社長のブログをご覧になってみてください。





P10500311
P1060635

工事前と比べると一目瞭然。

壁の存在感が住宅のイメージをガラリと変えております。

角地なので更に引き立ちますね!



P1060639

玄関前も壁が立ち上がりました。

玄関ドアを開けた時、見えすぎないので安心です
お子様の飛び出しも防ぐ事ができます。

段々完成が近づいてきました。
またご紹介させていただきたいと思います!


2019年9月6日|カテゴリー「浜田ブログ (高岡店所属)
富山県のエクステリア・外構工事会社「庭工房SEKITOH」から、
日々のできごと、施工状況やお庭に関する情報を発信しています♪
P1060587

庭工房SEKITOH高岡店の浜田です。
射水市のお客様邸、工事進んでおります。

前回の様子はこちら

前回までは鉄筋の骨組みだけの状態でしたが
パネルがついていよいよ型枠らしくなってきました。
ここまでくると壁!といった感じがしますね



P1050032
P1060590

今回は壁を作るにあたって、道路境界の途中にある
電話の支線を移動させていただきました。

電柱の移動などが必要な場合は
管轄の電力会社や電話会社に問い合わせて確認が必要です。

移動をお考えの方はぜひご相談ください。





P1060592

庭となる部分です。
壁で囲われているのでプライベート感がしっかりあります。

お庭に出やすくなりますね(^^)/

コンクリート打設後の変化が楽しみです。
またご報告させていただきたいと思います。
2019年9月5日|カテゴリー「浜田ブログ (高岡店所属)
富山県のエクステリア・外構工事会社「庭工房SEKITOH」から、
日々のできごと、施工状況やお庭に関する情報を発信しています♪
DSCN7535

こんにちは、庭工房SEKITOH高岡店の浜田です。
今回は富山市の工事現場の様子をご紹介。

駐車場を作っている住宅などでよく見かけるこの風景。
これはコンクリートの表面の仕上げをしているところです。

「コンクリート金コテ押え」
外構のお見積りを見た事がある方なら覚えがあるかもしれませんね。
その名の通りコンクリートの表面を、コテを使ってツルツルに仕上げる方法です。
主に駐車スペースの仕上げなどに使われます。
表面が平らなので、ゴミや汚れが掃除しやすいのがメリット。



DSCN7538

ちょっと引きで撮影してみました
ムラや不陸が出ないように押えていくのは技術が要ります。

外構工事にはかかせない土間コンクリート。
職人さんのウデはもちろんのこと、
その日の天気・湿度・気温にも左右されるので
大変奥が深いものです。






DSCN7537

北陸の積雪地域ではおなじみのカーポート。
この周りもコンクリートで埋めていきます。

コンクリートの周りを囲っているのは木でできた型枠。
仕上がりの大きさや、表面の水を流せるような勾配を
計算して作ります。
こちらももちろん技術のいる作業です。




DSCN7534

玄関から続くアプローチ。
こちらはコンクリート仕上げではなく、コンクリート製の平板でつくります。
色・柄・形が豊富で玄関周りのアクセントをつけるのにピッタリの商品です。

今回は30センチ角の四角い平板を敷いています。




a148bdc5f4282a44008f29c9de1f6731
d6ba1f8b81a9492305b9597e6ad1594e

完成イメージパース。
(※クリックすると画像が大きく表示されます。)

駐車スペース、アプローチをしっかりと作っておくことで
住宅のイメージもガラリと変わります。
また、毎日使う場所なので、見た目だけではなく動線や高さなど
使いやすさも重要です。

完成が楽しみですね(^^)/
2019年8月31日|カテゴリー「浜田ブログ (高岡店所属)
富山県のエクステリア・外構工事会社「庭工房SEKITOH」から、
日々のできごと、施工状況やお庭に関する情報を発信しています♪
P1060491

庭工房SEKITOH高岡店の浜田です。
本日は工事途中のお客様邸をご紹介。

新築住宅の外構としてコンクリートの打ちっ放し塀を
施工します。



9e2e9d22d9973ec9e1e7ceb05f4ce6b41

こちらは完成予想パース。
※画像をクリックすると拡大します。

しっかり囲われて、重厚感のある玄関周りです。
P1060492



P10604961

現在はコンクリートを流す前の型枠を作っている所。
パネルで枠をつくり、コンクリートを流し込みます。
その後養生を経てコンクリート塀が出来上がります。

コンクリート打ちっ放し塀の施工の様子はこちらのブログもご確認ください!

コンクリート打ちっ放し塀は技術と時間を要するので
比較的難易度の高い施工方法ですが、しっかりとした存在感のある外構を
されたい方にはピッタリの方法です。



2019年8月22日|カテゴリー「浜田ブログ (高岡店所属)
富山県のエクステリア・外構工事会社「庭工房SEKITOH」から、
日々のできごと、施工状況やお庭に関する情報を発信しています♪

先日工事させていただきました
小矢部市のお客様邸のお庭です。

ワンちゃんを飼っていらっしゃるT様。
お庭をのびのび走って遊べるドッグランにしたいとのご要望でした。

P1060339-e1566456024123

P1060342

全体をぐるりとフェンスで囲み、
出入り口には門扉を取り付けました。

フカフカの芝生なら夏も暑くならないし、
肉球を痛める心配がありません。

よく歩く場所は芝生が育ちにくい傾向にあるので、
ステップを設けるのがオススメです(^^)/

散歩から帰って来たときに
テラスから直接ワンちゃんが出入りするとの事でしたので、
動線をしっかり確保する事ができてかなり便利になったと思います♪


P1060327

また、今回は玄関周りも存在感アップさせるために
フレームを施工させていただきました。

アプローチや駐車スペースは必要性から
玄関周りに配置しなければならない事が多いので、
のっぺりしがちなんですが、
このフレームがあることで立体的なラインが強調されて
住宅の雰囲気もガラリと変える事ができます(*^-^*)