お庭を使いやすくリフォーム



富山県のエクステリア・外構工事会社「庭工房SEKITOH」から、

日々のできごと、施工状況やお庭に関する情報を発信しています♪



1月も中盤ですが、皆様あけましておめでとうございます。

富山県の外構施工会社「庭工房SEKITOH」高岡店スタッフの浜田です。

1月8日迄冬季休業をいただいておりましたが、

1月9日より通常営業しております!

本年もどうぞよろしくお願い致します。



P1070727

今年は今のところ本当に雪のない冬で、

おかげさまで工事も着々と進めさせていただいております。

写真は高岡市のお客様邸の工事状況です。

元々芝生だったお庭ですが、管理の手間を軽減して

今より使い勝手の良いお庭にするべく、コンクリート製の平板を

敷き詰めています。



305d924d7eadcc3d68d29779101aa14c
2c9f66a4492e0de878125477485d750b1

今回施工させていただいている平板は

東洋工業の「カルムペイブ」という商品。

少しムラのある自然石の風合いを表現した商品で、

植物との相性も良いのでお庭に使うのも良いですし、

アプローチや玄関周りにお使いいただいても

ナチュラルな雰囲気でどんな住宅にも合わせやすい素材です。

P1050261
P1070608
P1070728
③      

平板を敷き詰める迄には

①【既存物の撤去】⇒②【スキトリまたは土の搬入】⇒③【路盤調整】

など、複数の工程を経ていきます。

路盤面の高さは歩行がしやすく、また水が溜まらないように調整する必要があります。

平板を敷いた最終的な高さを考慮しながら調整していきます。

既存住宅のリフォームを行う場合、

この路盤調整を行うために重機が入れる幅が確保できるかどうか?

これによってリフォームの予算に大きく差が出てくる場合があります。

これからリフォームを検討されている方はぜひ注意していただきたいポイントです。
3083fdf407860306f6c2a8f7db70ea76

こちらは完成予想パース。

広めにとった平板の舗装面は家族の憩いの場所として様々に活用できます。

植物が入ると一気に印象が変わるので、今から完成が楽しみですね(^^)/