ブロック塀のリフォーム工事




富山県のエクステリア・外構工事会社「庭工房SEKITOH」から、

日々のできごと、施工状況やお庭に関する情報を発信しています♪





庭工房SEKITOH高岡店の浜田です。


12月に入ったと思っていたら


あっっっっという間に年の瀬。


年々時間経過の加速が上がっているように感じます…


巷ではインフルエンザも流行の兆し、


皆様予防はしっかりと、ご自愛くださいね。




P1060150

そんな師走ですが、外構工事は年末に向けて進行中です。


お待たせしているお客様にはご不便をおかけしており申し訳ございません。


今回は高岡市のお客様邸の施工の様子をご紹介。


以前にもご依頼いただいたS様。


前々より気になっていたという、老朽化したブロック塀をリフォームしました。


古いブロック塀の場合、今の建築基準を満たしていない場合もございます。


自分の家のブロック塀は安心なのか?気になった方は


ぜひこちらのコラムもご覧になってみてください。



P1070513



・・・数々の工程を省いてしまいましたが、


ブロック塀の土台である基礎もしっかり打ち直して


新しい塀を施工しました。


詳しい工程は、下にご紹介していきます(^^)/


P1070375-e1576815012513


既存のブロック塀を解体していきます。


S様のお宅は前面の道路が狭いのですが、


熟練の職人さんはスイスイと機械を操り解体、掘削していきます。


道路と敷地の高低差がかなりある事が分かります。


ここからブロック塀の土台となるコンクリート基礎を打設する準備をしていきます。



P10704201


コンクリートを流し込むための「型枠」です。


見えなくなる部分ではありますが、中にしっかり鉄筋も入れてあります。



P1070477


基礎まで完成したところです。


これからブロックを積んでいきます。



247


ブロックが積みあがった所。


写真手前は意匠性のある化粧ブロック。


写真奥側は一般的なコンクリートブロックを積んであります。


化粧ブロックの上にはアルミ製のフェンスが取り付けられる予定です。


塀の施工と言っても、解体⇒基礎⇒ブロック⇒フェンス


と複数の工程があり、養生期間も含めると、大体10日間~2週間かかるのが一般的です。


フェンスのみ、基礎のみ、ブロックのみの工事の場合は


もう少し期間が短くなります。


今回取り付けるフェンスは、既に設置しているフェンスとは違うシリーズですが


色合いを統一した同メーカーのフェンスを採用させていただきました。


デッキも同系色でまとめてあるので、一体感のあるお庭になります。


完成が楽しみですね(^^)/