フランス積みレンガと

DSCN9417

現在進行中のレンガ積みの現場で蝉の抜け殻を発見。

昨日積んだばかりのところで孵化したようです。

 

さて、この塀は一般的なレンガの積み方ではなく、フランス積みと呼ばれる施工方法。

これはダブルで積まないと出来ないやり方で、基礎幅はレンガ2枚分です。

文章では表しにくいのですが、長手方向に2枚置いて次は90°回転させて置き、

これを連続していくといった具合です。

この他にもイギリス積み、アメリカ積み、ドイツ積みなど、色々な積み方があります。

日本積みが無いのは残念・・・

レンガは土を焼成したもの。

よって耐久性はもちろんのこと、年代を感じさせる味がありますね。

 

 

コメントを残す

このスタッフのその他の記事はこちら