こだわりの平板テラス 射水市

こんにちは関藤です!
ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか。
弊社はカレンダー通りお休みをいただきました。
お電話やご来社いただいた方がおられましたら、
対応できず申し訳ありませんでした。

さて、射水市で平板テラスの施工をさせていただいたので、
こだわりのポイントなどをご紹介いたします。




DSCN4765
こちらが施工前。
目隠しのフェンスがあるだけで、庭へは主に草むしりのときだけ出るとの事でした。
7c9ad52937ea65d389e902c4994799d75
こちらが施工後。
手前と奥に平板テラスがあり、それらをつなぐステップを取り付けました。

水栓とガーデンパンは位置を変更しております。
理由はリビングから樹木がバランス良く見えるよう、配慮したためです。


13c052f396a73fcbc5193acc1266a93b11-e1494317909417
バーベキューが出来るテラスから見た景色。

奥のテラスはあまり陽が当たらないとのこと。
芝生を張っては枯れてしまうので、お手入れが楽な平板テラスを敷きました。

こだわりポイントその1
手前と奥の平板の目地が一直線になるようにしました。
わたくしだけかもしれませんが、目地が通るって気持ちいいです。


246cb8587ba8038341894e0db871041318-e1494319053345
ウッドデッキと平板テラスの取り合い。

こだわりポイントその2
目地がきちんと揃うよう、ウッドデッキと平板テラスの間に隙間を入れました。

この隙間には芝生を入れてアクセント。
数センチですが緑が入ると印象が柔らかくなります。


テラスへの動線を確保するため、ステップを追加しました。
0a63d1100f1ce3e8d06d9fc60fe0da087-e1494317867254
日陰のテラスから見た景色。

少し見える土の部分は畑スペース。
ということでしたが、お花が植えられていました。
後で聞いたら小学生のお子さんが植えられたとのこと。
素晴らしいです!

こだわりポイントその3
畑と平板テラスが同じラインに納まるよう設計。
こうすることでスッキリ見えます。

DSCN50462
左の画像ではわかりにくいので、施工途中の畑スペースを。
平板のラインと畑を縁取るエッジが揃っています。
実は縁石と平板テラスのラインも揃えました。



DSCN50472
イメージパース
DSCN4766
ちなみにこちらが施工前の外観。
2d000a696a195ffc82af09cd4b2dc6b33
外観施工後。

次は目隠しフェンスの施工事例をアップしていきます!

コメントを残す

このスタッフのその他の記事はこちら