関守石のある園路

CIMG5888

これまで、世界フラワーガーデンショーの光や水についてご紹介してきました。

今回からは、わたくしのお気に入りのお庭をご紹介していこうと思います。

 

まずはこちら。

日本人男性デザイナーさんの作品です。

 

木製建具が日本らしく、和を感じますね。

 

CIMG5884

 横から。

L字のスリットフェンスが、横から見たときの建具に厚みを与えています。

 

CIMG5885

園路はよく見ると素材を変えていて楽しいです。

奥に見える石をしゅろ縄で縛ったもの。

これは関守石といって進入禁止を意味します。

茶人の間で取り交わされる約束事ですね。

 

これがあることで、いわゆる順路のような役割を果たし、

来訪客が迷わず主のもとまで辿り付けるようになります。

CIMG5886

 高さを変えたスリットフェンスに工夫を感じます。

壁面には葉っぱが埋め込まれています。

それが、はらはらと舞い落ちるような演出でしょうか。

CIMG5889

平板の目地に瓦の模様が浮かんでいて、楽しい園路になっています。

水鉢の筧はアイアン製?のぐるぐるしたものが。

CIMG5890

 右奥から流れる水を見ながら園路を散策できました。

苔の青さが黒い平板を引き立たせていて、素敵です。

CIMG5891

園路は 遊び心満載、こういうの好きです!

作者は露地風の庭をイメージされていたのでしょうか、シダなどの効果で瑞々しさが演出されています。

CIMG5892

壁面の一部を緑化。

さまざまな葉色を使うことで、立体感と楽しさを演出しています。

 

夜でも足元が暗くならないよう、ダウンライトが仕掛けられています。

コメントを残す

このスタッフのその他の記事はこちら