福祉住環境コーディネーター試験合格しました!

246cb8587ba8038341894e0db871041312
新年あけましておめでとうございます!
当社は本日より始業。

休業期間中にお問合せいただいた方には申し訳ありませんでした。
今日からパワー全開でがんばりまっす!

さて題目にあるとおり、福祉住環境コーディネーター2級に合格致しました!
いや~、社員さんに
「資格試験はあきらめずに取り切りなさい」
と言った手前、なんとしてでも合格しなければと必死でした(汗)




福祉住環境コーディネーターってなんの資格?
と思われる方も多いと思います。

一言でいうと
高齢者や障害者にいきいきと生活出来る住環境を、提案出来るアドバイザーです。

資格試験では、医療・福祉・建築の知識があるかが問われます。

高齢化社会に伴い、わたくし共外構のシーンでもこのような資格が求められるようになってきました。
たとえば
・階段の昇り降りが不都合なので、手すりを取り付けたい
・車いすで出入りしたいので、スロープがほしい
・段差解消機がほしい
などなど

福祉住環境コーディネーターはQOLの向上という役割があります。
QOLとはQuality of Lifeの略で、生活の質。
人がどれだけ人間らしい生活を送り、人生に幸福を見出しているかといいう尺度です。

住宅の外回りの環境において、庭を楽しみたい方に楽しんで頂けるよう、
そして外出時や帰宅時にストレスなくスムーズに出入り出来るよう。
その人がその人らしく!です。

ドイツではストレスを抱いた患者さんに、
「緑と触れ合いなさい」
と診断されるそうです。
病気をして医療費にお金を使うより、健康で輝いた生活を送りたいですよね。

この資格取得を機に、
「その人がその人らしく、キラキラと輝けるような生活が送れるよな提案を心がけよう!」
と新年早々想うのでした。



コメントを残す

このスタッフのその他の記事はこちら