富山店ブログ

2019年10月3日|カテゴリー「富山店ブログ
おはようございます!!
石倉です!

今日は朝から風が強いです。明日、また台風が近づいてきてるだとか・・・。
天災が起こるたびに思いますが、最小限の被害で済んでほしいものです。
そのためにも出来る対策や予防策をしっかりと練っておきましょう!

さて、本日も工事の過程のブログです。


新築を建てられ、これから外構工事!という段階でご来社いただき、プランニングいたしました。

施工前 外観
施工前 外観②

角地でL字に道路が隣接し、土が道路に向かって下がっているのが分かります。
また、玄関から道路までのスペースも来客時にゲストが歩くアプローチが十分にとれそうです。

ご要望は
・カースペース2台+ゲストカースペース1台
・アプローチ
・境界ブロック+フェンス
・サイクルポート

という事でした。
住宅の外観に合ったテイストでご提案させていただきました。

完成のイメージパース図です!


完成イメージ パース図
住宅の外壁の白色に馴染むよう、
「ブラウン」「グリーン」「ホワイト」の「アースカラー」を意識し、デザインをまとめました。

アースカラーを意識することで、自然を感じさせるナチュラルで柔らかい印象が与えられます。


まずは境界の工事の様子を覗いてみましょう!!
三段階にわけて工程の説明をします。




まずは施工前をご覧ください!
境界 施工前
土が道路に向かってかなり傾いています。
それを緩和するためにブロック積みをします。

まずはブロック積みの下準備、基礎工事です。
境界 基礎
ブロックを積むうえでしっかりとした一定の強度を持たせるための工事です。
写真でわかる通り、「先端に黄色のマルい物体」がついているのが鉄筋です。
決まったスパンで鉄筋を通し強度を高めます。


二段階目は、いよいよブロックを積み始めます!
境界 ブロック コンクリート
基礎の上に3段化粧ブロックを積みました。
ブロックを積むことで「土留め」の役割を果たしてくれます。

道路側に傾いていた土の高さを上げることで、傾きを少し緩和でしました。
(水ハケをよくするために完全な水平にはしていません。)



そして三段階目、フェンスを設置します!
境界 フェンス 植栽 テラス
フライングでお庭の部分が見えちゃってますが、フェンスが立ち上がりました!

これでお庭に出た時も道路からの視線が気になりませんね!!

境界 目隠し フェンス
プライベート空間を確保するために必要になってくる目隠しがご要望の方は多いので、
現場の状況に応じてご提案させていただいております。

どれくらいの高さが必要なのか。

どこまでの長さが必要なのか。

現地調査も行っておりますので、ご要望にあった目隠しをご提案いたします。
どうぞお気軽にお問い合わせください!




境界工事編はこれにて終了。

次回はアプローチスペース編でお会いしましょう。


では。
2019年10月2日|カテゴリー「富山店ブログ
こんにちは~。

石倉です。

キンモクセイのイイ香りがどこからか漂う季節となりました。
みなさんは秋といえば何を思いつきますか??



さて、現在工事中のアプローチ工事の様子をお見せいたします。


before
施工前 
horizontal
after
着工時
現地調査時/施工前の様子が左側の写真です。

可愛らしい洋風な外観の新築です。引き渡し後に敷かれた砂利のままでした。


着工時(工事1日目)の写真が右側です。
敷いてあった砂利を撤去し、仕上がりのレベル(高さ)を計算しながら土を漉き取ります。


アプローチ 工事中
アプローチの形が見えてきました!!!

レンガの花壇と自然石の乱張りはアプローチのアクセントのポイントになります!!


簡易的なものにはなりますが、工事期間中はベニヤ板などで玄関への動線をしっかりと確保させていただいておりますので「家の中に入れな~~~い!!」なんてことはございませんのでご安心ください(笑)



乱張り 自然石
乱張り部分のアップです。

乱張りは自然石なので石1枚1枚が異なります。
現場で石の形を見て組み合わせ、綺麗でありながらも自然でナチュラルなラインを生み出してくれます。


パース図
完成の仕上がりイメージです。

アプローチはこの後コンクリートを打設します。
表面の仕上げは※刷毛引き仕上げにしました!
(※コンクリート表面をハケで撫で、あえて表面をザラザラとした質感にする仕上げ方法です。)

住宅付近には天然芝を。
樹木はオリーブとシャラを植栽の予定です。

花壇スペースにも少し下草を植えさせていただきます!!


完成が楽しみです
S様、工事完了までよろしくお願いいたしますッ!
2019年9月28日|カテゴリー「富山店ブログ
DSCN7731
先日、富山市のお客様邸が完工しました。

表題のファサードとは住宅の前面、
いわば「家の顔」ですね。

当たり前ではあるのですが施工前と施工後では印象がとても変わります。
素敵なお庭と素敵なファサードがあれば、
日々の暮らしがより楽しく感じられるようになると思います

before
IMG_49141
horizontal
after
DSCN7738
2019年9月25日|カテゴリー「富山店ブログ
こんにちは。

秋らしく過ごしやすい気温になってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。

朝は肌寒いですね。季節の変わり目は体調管理に気を付けたいものです。


さて今回のブログテーマは「物置」です!!

一度はタイヤやガーデングッズ・アウトドアグッズの収納に困ったり、
お子さんがおられる方は自転車だったり子供のおもちゃの置き場に悩まれたりした方も多いのではないでしょうか。

国内メーカーですと、イナバ物置やYODO物置が主流で中にはホームセンターで実際に見てサイズ感の確認が出来ます。

しかーーーーし、中にはその見た目にもっとこだわられたい方も多いのが現実。

海外メーカーの製品にはなりますが、弊社でも取り扱っております!!!


その名も・・・


「ユーロ物置」。はいオシャレ。

名前がもうオシャレです。
ユーロです。

どんな見た目なのか。

ご覧ください。
ユーロ物置 物置
いかがでしょうか!!!

両流れの屋根の形…

アメリカンなメタルカラー…

無機質ながらもメタルカラーがオシャレです…!!





国内メーカーの物置の気密性には劣りますが、


「屋外で見える部分に物置を置きたい!」

「ほかにない見た目の物置がほしい!」


とお考えの方は一度ご相談ください♬


サイズもいくつかバリエーションがございます!

また、積雪は大丈夫なの・・・?と心配の声もありますが、
メーカー推奨のスノーキットを一緒にオススメさせていただいておりますッ!


ユーロ物置 物置
「こんなところにおけるかな?」

「ここに置けるサイズで提案してほしい!」

現地調査にもお伺い出来ますので、お気軽にお問い合わせくださいネ
2019年9月10日|カテゴリー「富山店ブログ
こんにちは。

お久しぶりです石倉です。

雨が続いたと思えば今日は、また夏が戻ったかのような暑さですね。

運動会シーズンで天気が良くていいですが、暑すぎるのには参ってしまいますね・・・。

さて、今回のブログタイトルにある「明るさ」が確保された「カースペース」という事ですが、
北陸地区は冬に雪が降るので屋根付きのカーポートは、ほとんどの住宅で見られます。

住宅付近にしか設置できる場所がなかったり、住宅の窓の付近にカーポート屋根があると、
本来光を取り込むための窓なのに屋内の明るさが奪われてしまうから屋根は置きたくない・置けない…。

なんて思っている方も多いはずです。

そんな方にオススメしたい商品がございます!!!


それが・・・


コチラ・・・!!!


採光式 カーポート
「採光式のカーポート」です!!!

屋根がついていながらもリビング前の掃き出し窓の明かりは確保されています!

屋根の素材は

①ポリカーボネート板

②熱線吸収ポリカーボネート板

③熱線遮断FRP板

の3つのグレードに分かれております。(※使用する屋根材によって金額が変動いたします。ご希望があれば、ご相談ください。)

見た目の変化は少ないですが、屋根材によって、
太陽の熱をカットしたり、屋内に差し込む太陽光から有害な紫外線もほぼ100%カットしてくれます。

大切な家具や、フローリングの日焼けも防ぐことが出来ます!!



折板 採光式 比較 カーポート
※画像はイメージです。

もちろん積雪にも対応した強度のあるカーポートですので、安心してご利用いただけます!
(※強度上、柱本数が8本になります。)


もう、雪国だから・・・。といってられません。
冬の積雪に耐えるために日光をあきらめる必要はないのです。

その他オプションでは風、雪、視線をカットするサイドスクリーンや、
カーポート上部にタイヤやカー用品を収納できる上吊り棚などなどございます。



気になった方はぜひ一度ご相談ください!!

では。