富山店ブログ

2019年12月9日|カテゴリー「富山店ブログ
石倉です。



12月になりましたね。



あっという間に過ぎゆく1年。※だいたい皆さん毎年言ってますよね、このセリフ。



布団が恋しいシーズンですね。




みなさんは暑い夏と寒い冬、どちらが好きですか?

















僕は秋が好きです。




余談はこの辺にしまして、、、。
さて、今回のブログですが現在施工中のお客様邸のご紹介です。



施工前 ビフォー

新築でカースペースのみ確保され、アプローチを外観のイメージに合ったシンプルモダンな印象にされたいとのことでご依頼いただきました。


また、ポストと表札も外構の一部に含めて提案してほしいという事でした。
袖壁やタイルがお好みだという事で提案させていただいたイメージパースがコチラ…。
イメージパース

住宅既存のタイルポーチを同素材で拡大しました。


また、奥行感を感じられるように、玄関付近のL字の袖壁と道路付近の袖壁で高低差を付けました。
高さのリズム感を視覚的に感じられます。


壁の仕上げは石調ブラックのタイル貼り。
重厚感と高級感がエクステリア全体の風格を引き上げてくれます。



低い袖壁の前には2枚の袖壁より高い植栽を。
株元にも下草の寄せ植えを楽しむことが出来るスペースがあります。



全体のバランスを崩さないように植栽前のスペースは、既存のカースペースのスリットラインを活かし、シンプルにコンクリート舗装をご採用頂きました。



それでは工事の様子を少しご覧ください。
ポーチ 拡大 下土間
コチラはポーチを拡大する下地の土間コンクリートです。
型枠を組み、コンクリートが流されました。
袖壁 アプローチ
2枚の袖壁に鉄筋を通し、ブロックを積んでいきます。




ポーチ 2段目 コンクリート
拡大するポーチの形はL字の袖壁を巻き込むように段差があります。

蹴上《けあげ》(階段を上り下りするときの高さの面)を壁の長さよりで揃えずに、
少し余裕をもって広く立ち上げることで空間が広く感じられます。
袖壁 ポスト
玄関付近の袖壁にポストが入りました!

前入れ後ろ出しの埋込ポストです。
前入れ後ろ出しはその名の通り、壁の前から郵便物を入れ、壁の後ろから取り出せるポスト。

玄関ドアを開けて郵便物が入っているかがすぐに確認できます。


他にも壁掛けポストでしたら「前入れ前出し」タイプがあります。またポスト単体を専用のスタンドで独立して設置できる「独立タイプ」もございます。

用途に合ったポストが選択可能です。


今回はここまでの工程の紹介でした。
最後に、施工前と今回までの様子を比較してみましょう。


before
施工前 ビフォー
horizontal
after
施工中 アプローチ
それでは次回…「タイルを貼っていくよ」でお会いしましょう。



では…。
2019年11月22日|カテゴリー「富山店ブログ
富山県のエクステリア・外構工事会社「庭工房SEKITOH」から、
日々のできごと、施工状況やお庭に関する情報を発信しています。


お久しぶりです、木村です。


本日は、樹木の雪対策について。

皆様ご存知の通り、この時期になると富山県内に多く見られるのが
雪囲いや雪吊りです。

富山県は水分量の多いしっとりとした雪が降ります。
ですので、雪囲いや雪吊りをしないと枝が折れたり等、樹木に負担がかかってしまします。

また、樹木を守る役割を果たすほか、
お庭を美しく魅せるためにも一役買う、冬支度に欠かせないものです。


74933b9ee906e15d6123e575cb07c9121


雪囲いすることによって、
雪の重さを分散でき、
折れてしまったり、変形したりすることを防げます。





竹や縄を使っておおがかりなのはちょっと・・・





という方は、
縄でまとめるだけでも、負担が軽くなるのでおすすめですよ。


62daf7965e6f29bf52f15599f2fec6a9


大切なシンボルツリーや、お庭の樹木のために
ぜひ雪吊りや、雪囲いをしてあげてくださいね。




今年も雪が少なかったらいいな~
と思う、木村でした。

2019年11月15日|カテゴリー「富山店ブログ
お久しぶりのブログになってしまいました…。石倉です。



秋が深まり、益々寒さが厳しくなってきましたね。

暖冬傾向にあるようですが、もうすでにお布団が恋しい気温です。朝は特に。

さて、今回のブログは「樹木の植え替え」についてです。



シンボルツリーに葉がつかなくて元気がなさそう、とお客様からお問い合わせをいただきました。



一度現地に伺い、考えられる要因は何かを探っていきます。



植わっていたのは3m~4mほどの「シャラ」でした。




シャラ シンボルツリー

枝が細く、葉もついていない状況でシンボルツリーにしては少し元気がなさそうです。


強い西日が当たる場所で、住宅の基礎近くに植わっていました。

シャラ自身、

①西日に強くないのと、

住宅を建てる際に地盤を改良されていたため、
②水ハケが良くなく根腐れしている可能性がある

と判断しました。

お客様は枯れていなければ現状維持をご希望されていましたが、今回は植え替えることをオススメいたしました。


同じような高さで樹種を「シャラ」から「アオダモ」へ。


アオダモは寒さに強く、日当たりが良い環境を好みます。

水ハケ問題に関しては基本的にどの樹種を植える際も土壌を改良してあげることをオススメします。



まずは今あるシャラの抜根(根っこを抜く作業)をします。
抜根 根腐れ

抜き終えました。

ご覧の通り、3m近くある樹木のはずが水ハケが悪いこともあり、根が小さく、成長していませんでした。

以前田んぼだった住宅地は、家を建てる際に地盤の強度を高めるために硬い土や、砕石などが転圧してあったりするので水ハケが良好でない場合があります。


硬い土石を少し掘削し、「鹿沼土」や「バーク堆肥」を混ぜ込み、「土壌改良」をしました。
これらの資材はホームセンターの園芸コーナーや菜園コーナーなどで簡単に手に入れることが出来ます。
気になった方はチェックしてみてください!



アオダモに植え替えていきます。

植え替え シンボルツリー

バランスを見ながら樹形が美しく見えるよう角度や位置を決めていきます。

支柱 シンボルツリー

位置が決まったら、竹で支柱を組みます。

根がしっかりと植え着くまでに1年ほどは支柱をします。
強風などで簡単に抜けないようにするためです。
アオダモ シンボルツリー 植え替え

無事、植え替えが完了しました。




3m近い樹木ともなると樹形も美しく、壮観です。



若葉のつく来年の春が待ち遠しいですね。



また、アオダモは春に白い花がつくこともあります。
花言葉は「幸福な日々」「未来への憧れ」です。
ステキです。





では。


2019年10月5日|カテゴリー「富山店ブログ
6f220ed72fdb84615030493955d6856e


庭工房SEKITOHの木村です!
ご無沙汰しております!!!

1年間育児休業をいただきまして
この度無事に復帰いたしました。

また、お客様と素敵なお庭を作っていけるよう、
頑張っていきたいと思いますので
宜しくお願い致します

46259336d607ed2221ac25c4a129300f


さて、先日
石川県金沢市にて
エクステリアメーカー「タカショー」さんの研修会にいってきました!



新商品紹介もさることながら、
個人的にすごくいい!と思ったカタログがありました。


4f7a7a318adc7af295177cc4341535c6

上記写真手前の「STYLE BOOK」というカタログです。

中には、お庭のイメージ画像が載っているのですが、
テイストごとにジャンル分けされて書かれています。

お客様とお打ち合わせをする際、
特に初めてお会いするお客様とのイメージ共有がしやすくなるツールだな~
と感じました。

外構を何かしたいけど、何をすればいいか分からない・・・
雰囲気をうまく伝えられない・・・

など、漠然としたイメージをお持ちの方と
理想のお庭を具現化するために
とても有効なツールです!


ちょっとお庭の事、考えてみようかな~
と思ったら、ぜひご来店ください!
カタログを見るだけで、イメージが湧きやすくなります!


皆様のご来店、心よりお待ちしております
2019年10月4日|カテゴリー「富山店ブログ
こんにちは。
連日のブログライフでございます。石倉です。

昨日のブログに引き続き、今回は「アプローチスペース編」です!!!

《前回のブログを見てない方は「昨日のブログ」をクリックでページが切り替わります。》


まずは完成イメージを振り返ってみましょう!!
完成イメージ パース図

オシャレなブロックの袖壁に木調のアルミスリットの組み合わせました。

袖壁にはタイルの表札も取り付けます。

人が歩く動線には30cm角の平板を。色はブラウンを選びました。
また、コンクリートも合わせて打設し、ゲスト用のカースペースをもう一台駐車できるようにしました。

それでは工事工程の様子を見てみましょう!!!
アプローチ 平板敷き ナチュラル

30㎝角の平板を並べていきます。

なんで30㎝角なのか、といいますと、
玄関ポーチのタイルも1枚約30cmですので、目地のラインが(正確にピッタリではありませんが)綺麗に見えるからです!!

ポーチの目地ラインに合わせ、横に3枚並べ約90㎝の動線を確保し、直線で並べました。

袖壁 ブロック
門袖を積み上げている最中の写真です。

同じホワイトのブロックでも、表面の仕上げが異なるブロックを1段組み合わせました。
袖壁の真ん中より少し高い位置にアクセントを入れることで、「アイポイント」が生まれます。

袖壁自身に人の目が引き付けられるので、道行く人が、まず玄関に視線がいかないようにするためのワンポイントです!


アプローチ コンクリート

スリットも立ち上がり、コンクリートも打設し、植栽が入ることで一気に外構「らしさ」が出て全体の見た目が引き締まります。


ナチュラルにこだわり、「アースカラー」を意識したデザインとなりました。
アルミスリット 植栽 下草

玄関に近い側のアルミスリットと植栽。

下草の寄せ植えもバッチリです


アースカラーの「ホワイト・グリーン・ブラウン」にプラスして「アクセントカラー」となるカラフルな花々の割合が全体のバランスをうまく整えてくれています。

家の顔 ファサード 門袖 植栽
袖壁には表札も取り付けられました。

メリハリをつけるため、表札は黒色を選択されました。

見せたい部分はハッキリと。一目で表札がどこにあるのかが分かります。
メリハリをつけるのは大切ですね!



サイクルポート 外構 エクステリア
袖壁⇒植栽ときてサイクルポートも設置されました。


道路から見た時に出来るだけ自転車が見えない位置に配置しました。
防犯性に優れた位置に自転車を止めたいですよね。

玄関にも近く、アプローチを通って自転車を止められる1番理想的な位置です!

サイドパネルも取付いて雨風の吹き付けから自転車を守ってくれます。
工事完了 外構 エクステリア

前面の道路から見た写真です。

玄関に近い側のアルミスリットの高さを袖壁側のアルミスリットよりも少し高くし、奥行き感とリズム感を出しました。

何もなかった状態から、外構を丸々ご提案させていただき、住宅の外観に馴染むナチュラルなエクステリアとなりました!

お庭のスペースには芝生もあり、ご家族で団欒できる空間もございます!


お客様のご意見もお打ち合わせの際にたくさんいただき、素敵なエクステリアに仕上がりました。


いかがでしょうか??
今後もエクステリアについて情報を発信してまいります!!