乱張り施工│富山市

乱張り施工



こんにちは!



前回の工事の続きになります!
今回は、花壇前・ゲスト用カースペース前に
乱形石を貼っていきます。


乱張り下地コンクリート



乱形石を貼る前に下地コンクリートを
流し込み固めます。




乱張り施工



下地コンクリートが乾いたら
コンクリートの上にモルタルを乗せ
乱形石を置いていきます。

※モルタルとはセメント+砂を水で練ったもの。
コンクリートとはセメント+砕石・砂で固め強度を
求めたものになります。

乱張り施工



画像のようにひとつひとつカットし
パズルのように組み合わせていきます。

乱張り施工



今回は車が乗降りする部分にも使用するため
強度が必要になります。
こちらのB-Life,s「ラテンストーン」は
厚さが約1,3cm~2cmあるのでカースペース
にも使用出来る商品になります。
また、画像のように道路よりも乱形石の側面を上げることで
くぼみに水が溜まる・融雪水の侵入を防ぐことが出来ます。


乱張り



乱形石は天然石を使用しており石の厚さ・色など様々です。
色の薄いものや濃い色がありますがそれが天然石の味になります
モルタルの上に乱形石を置いた後、「目地」の間にモルタルを流し込みます。

※目地…少し間隔を空けた部材間の隙間・継ぎ目の部分のこと。
    この場合では乱形石と乱形石の間部分のことになります。




before
着工前

horizontal
after
乱張り



先に、乱張りを施工し
次回、ゲストカースペースに
コンクリートを流し込みます!


それではまた!




コメントを残す

このスタッフのその他の記事はこちら