コンクリート打設の現場|富山市

こんにちは。
今日は雨ですね。
ここしばらくは晴れが続いていたので久しぶりの雨ですね。

一応7月22日で今年の梅雨は明けた模様です。

さてさて、おそらく竹内さんの次回のブログ内容と被ると思いますが・・・

先日富山市のお客様のコンクリート打設の現場へ行ってきました。

↓↓↓竹内ブログはコチラから↓↓↓
荒れてしまったお庭のリフォーム(着工編)
リフォーム進行中(整地・平板敷き編)
続・リフォーム進行中(芝・樹木・コンクリート準備編)
※クリックすると新しいウィンドウ・タブを開きます。

打設の様子をご覧ください…!!
DSCN3761
打設前です。車の乗り入れが可能になるよう鉄筋を組んで強度を出します。
DSCN3787
打設後です。この後、金コテで表面をキレイに均していきます。
DSCN3777
大きなポンプ車からコンクリートを流していきます。
(打設場所にポンプ車が届かない場合は一輪車を押してコンクリートを運んで流し込んでいきます。)
DSCN3784



DSCN3835
打設後はコンクリートに乗り入れしないようにカラーコーンとコーンバーで養生します。
人や車の乗り入れが可能になるまで、(天候にもよりますが)おおよそ1週間から10日ほど経てば養生を外して乗り入れ可能となります。

それまでしっかりと現場の管理をしますのでご安心くださいッ!!

以上コンクリートの打設現場の様子でした~!

コメントを残す

このスタッフのその他の記事はこちら