土間コンクリート 色ムラ 補修工事

DSCN7118

こんにちは、庭工房SEKITOH富山店の木村です

先日、OB様邸の土間コンクリート補修工事をさせていただきました。

コンクリートはセメントと水分の化学反応により硬化していき、
化学反応により熱くなったり、乾燥による伸縮が生じます。

よって、ヘアクラックと呼ばれる細いひび割れができたり(強度上は問題ありません)、
セメントと水分の化学反応により、色ムラが生じることもございます。

今回は、その色ムラをなくすべく、補修工事をさせていただきました。
before
DSCN7117

horizontal
after
DSCN7312-e1523318930369


上部をサンダーで削り、
接着剤を塗ったあと、土間コンクリートの補修材を施工しています。
※削ってから接着剤を塗ることで補修材をはがれにくくしています。

DSCN72651
こちらが補修直後
DSCN7311-e1523318735445
乾燥後です

After撮影時に小雨が降っていたので
雨あとがついていますが、晴れればきれいな土間コンクリートになります。

工事は面積にもよりますが、
養生期間を合わせて1週間ほどです。

コンクリートの色ムラでお困りの際は、お気軽にご相談ください!

コメントを残す

このスタッフのその他の記事はこちら