舞台の上の美術館Ⅱ

20170305_193728-e1489027947110

こんにちは、木村です!

先日、オーバード・ホール開館20周年記念事業として行われていた
「舞台の上の美術館Ⅱ」に行ってまいりました!

なんと入場無料!
やったーやったー

Ⅱということあって、
実は10周年のときにも行われていたそうです。(知らなかった・・・)
第1回展は、劇場(ハコ)の中に巨大な箱を立てて劇場を一つの大きなボックス・アートに仕立て、
その闇のハコに光の彫刻であるガラス作品を浮かび上がらせるという、空間を強く意識した展示だったそうです。



そんな中、第2回展の今回は・・・!
「巨無と虚無」


・・・?(木村の脳内)


行けばわかるさ!ということで
閉館1時間前(ギリギリ~汗)に行ってまいりました!


まず、入口にドカーン!と置いてあったのがこちら

186301ffa2d2d9e69e97d0f3c38662e7


・・・・・・・・・・重機のタイヤ?



正式名称は
「無限軌道型 骨相像」らしいです。



アートの世界って奥深いです(反省)




その他、劇場につくまでの通路にも沢山の作品が飾られていました。




a5ad7b00432c30b07d1e74e03ba9c4e5

32e18d05fdaaae62d5005e67e974bbec

07df3a6b15a5506f43c90dd751a0ae32

b28cb18e66c69de7d8dd15df81175f60

01dec8e05c35a7f9db15cd6afcdf5983

7e41a13fcb4a107bfc63d200a52e0fcf-e1489048796484

73f31af50718f772c57154b98f12da57-e1489048815434

1a334f423951cba7bf6aa64004e83713

efa87a4bda0e4adc51b7c44cb965be5d-e1489048806315


作り手さんの想像力の凄さに驚かされます。





そしてメイン会場がこちらの劇場。

46d4681b6909ae2bf08dce81ffe8b52e

なんか人影が、いっぱい居る・・・!!?


これ全部、人形なんです。(本当の人間もいます)


ちょっと不気味な感じ。


そして、この「舞台の上の美術館Ⅱ」
舞台の上と書いてあるだけあって、
壇上に登れちゃうんです!!!



すごーい!やったー!!!

20170305_193818


ステージから見た景色はこんな感じ。

アーティストの方からはこう見えてるのね。

案外、客席が丸見えでした。笑


ライブに行くときは気を付けよう。(何を)



そして、ステージの上にも沢山の作品が飾ってありました。


9c7f1a071ea2a7a0655e509d5cf35ba7-e1489049548972

7249b5094db75e6dd4415d93ff052dd2-e1489049562268

57247624e084dcbfb28eac3ecee942df-e1489049579940

ffa0eb92f4f92e7d49a7276aaa2b94ca

5ccc31d23bc3f126addd73c0a4dfcdc5-e1489049599540

aeac48c6c0442757b1865b1bb12761f4-e1489049621558

3c7d183f1b71f6dde829c8ff17289f4b-e1489049645441

611c0da21e30bb29b9a70f5e41e56bb2-e1489049661112

ca409b1593a4491d18292e29ca6b6786-e1489049673113

61fb38226f107e6adbee4bb8ce3a130f

20170305_195836-e1489051232566

07aa62815cbcc531b35d7389e22c0eb3-e1489049722797

65b407f2bce3ec979b5a2fa1ea9c31ba-e1489049706366

54bea3d6544db07545036cca675f15ed-e1489049715342


作品一つ一つが本当に丁寧で、
制作期間の長さを物語っています。(個人的主観)



展示の仕方も独特で、転々と置いてあり、
配置にもセンスを感じました。


あ、ちなみに画像につけてある題名は
正式名称でなく、木村の独断と偏見で入力してありますので、あしからず!!!




そして皆さん気になっているでしょう
「巨無と虚無」のメインがこちら!


beb5e4aa7297aedac51f759dcf84f7c5-e1489049876698

dcbf21378bdb69a5aa8100fe491e9653-e1489049869924


ライヴTIMEと称して、
照明・映像・音響で魅せるプロジェクションマッピングが行われていました。


その模様がこちらです。

20170305_195408-e1489049883317

20170305_195415-e1489049891153

20170305_195502-e1489049897399

20170305_195559-e1489049904604


なんとも言えない不気味さでした。

だかしかし、これもアート。

アートって奥深い・・・(2回目)





そしてわたくし木村、個人的に一番、そそられたのがこちら。


2cd7a34f6bb02c36c70f0f5122c15f48


かっこいー!!!!!!

音楽&機械好きのわたしには
わくわくドキドキが止まらないゾーンでした。笑




そんなこんなで、長くなってしまいましたが
日ごろ感じることができない刺激を沢山受けることができて
美術館はやはり素晴らしいと改めて感じた木村でした!

色んなアートを見に行って、
センスをもっともっと高めていきたいです!

コメントを残す

このスタッフのその他の記事はこちら