乱張り施工のゲストカースペース│富山市

コンクリート下地




こんにちは!


今回はこちらのお客様
前回の乱張り作業も終わりいよいよコンクリート流し込みになります。
コンクリートの下地作業として
型枠設置と鉄筋を入れていきます。



コンクリート流し込み



下地作業が終わると
コンクリートを流し込んでいきます。

コンクリート流し込み



コテなどを使いならしていきます。
型枠



今回は、目地の代わりに十字のスリットを作り
その中に砂利を入れていきます。


※スリット…切れ目・隙間のことで伸縮目地と同様コンクリートクラック(ひび割れ)の防止になる。
コンクリート流し込み






全体にコンクリートが流し込まれました!
今回は、全面金コテ押えで表面をツルツルに施工していきます。
施工が終われば養生期間にはいります。
人の侵入禁止は約2日間・車の侵入禁止は約10日間になります。












コンクリート下地

before
IMG_2848

horizontal
after
コンクリート下地




コンクリートが固まり型枠を外し
スリット内に砂利を入れると工事完了になります。
乱形石の色具合もとても良く美しいです!
コンクリートが使用できるまであと少しです。




それではまた!






コメントを残す

このスタッフのその他の記事はこちら