ハボタン。

こんにちは。寒くなってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

風邪が流行っているとか…。
エクステリアプランナーの試験が今週末にあるので、十分注意したいところです。
その前に勉強量に焦りを感じているところです。

さて、今回のブログでは寒さに強い冬にオススメの草花の「ハボタン」について書きます。

富山店の花壇でも育てています。
そちらの様子からご覧ください。

ハボタン
こちらが植えつけて1~2週間が経過した様子です。
鮮やかな紅色をしています。
FullSizeRender10
そしてこちらが植えつけて1か月ほどが経過した様子です。中心から離れていくにつれて薄く淡い色合いになっています。
ハボタンは冬の花壇や正月飾りによく見られ、この季節にはうってつけの草花です。
冒頭でも言ったように耐寒性があり、その鮮やかな色から冬に人気のある草花として有名です。


増やし方はタネから増えます。色々な品種のタネが出回ります。
品種により、色も、ピンク・白・クリーム色など様々な組み合わせで花壇を彩ることが可能です。
タネ撒きの時期は7~8月の夏の期間です。
夏は気温が高いので、風通しの良い涼しい日陰での管理をオススメします。


主な管理として、成長に従って葉が大きくなりすぎて、だらしなく見えてきます。
その場合に大きくなりすぎたり霜で傷んだ下葉を刈り、草の見栄えを整えます。
また、色づいてきて鑑賞期にはいり、強い日光に当てると葉の色づきが悪くなるので、強い日光を避けて管理するのですが、
鑑賞期は冬で、日光もそれほど強くはないので植える場所に関しては特に気を遣う必要はないでしょう。


水やりは土の表面が乾いたら控えめに行い、乾燥気味に保ちますが、苗植えの場合の植えつけ直後は根が土に根付くまでたっぷりと水やりをしてください。

育てながら変化を楽しめる草花を育てるのはなかなか見ていて楽しいですよ


似た特徴をもった草花を調べて、ぜひ冬の花壇も楽しみたいものです



FullSizeRender-14
水をはじいているのが美しいです。

コメントを残す

このスタッフのその他の記事はこちら