コストパフォーマンスに優れた目隠しフェンス。

こんにちは。

 

今回は目かくしや、境界を区切るときに活躍する、

フェンスの製品について少し紹介しようかと思います。

 

フェンスにはアルミの物の「形材フェンス」とアイアンを用いた「鋳物フェンス」の2種類があります。

 

今回紹介する製品は形材フェンスの「シャトレナM1型・2型・3型」の木調タイプ。

特徴の大きな一つとして、

シャトレナM型 種類

1型は「横スリットタイプ」。

2型は「たてスリットタイプ」。

3型は「ルーバータイプ」になります。

外観は木調のラッピングがしてあり、内観がアルミ色のフェンスです。

 

主に一般的な木調フェンスと何が違うのかというと、

既存にあるフェンスの木調タイプは、外観と内観の両面に木調のラッピングが施されています。

 

しかし「シャトレナM1型・2型・3型」は人の目につく外観のみに木調のラッピングが施されており、

両面木調ラッピングのフェンスよりもローコストでコストパフォーマンスに優れた価格になっています。

 

「家の前の交通量が多くて人の目にもつきやすいので見栄えは良くしたい…でもフェンスにそこまでお金がかけられない…。」

そんなお悩みをお持ちのの方へオススメできるフェンスが「シャトレナM型」です!

 

カラーバリエーションも豊富で、様々なエクステリア様式にも違和感なくマッチする製品です!

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

このスタッフのその他の記事はこちら