グランドカバー。

秋です。

いきなりですが秋は英語でautumnfall二種類あるの知ってましたか?

私は知りませんでした。

autumnはイギリス語、fallはアメリカ英語という区別があるみたいです。

autumnは「収穫期」を意味するラテン語が語源とされています。

一方fallは「fall of  the leaf」、「落ち葉」から生まれた言葉だとか。

 

こんにちは。物知りになった石倉です。

 

いかがお過ごしでしょうか。

 

しょっぱなからタイトルとは全く関係のないお話でしたがご了承ください(汗)

 

さて今回も植物シリーズ。

 

グランドカバーについてです。

 

グランドカバーはその名の通り地面を覆う植物です。

 

お庭に緑を増やしたいけど芝生は手入れが大変そう…

 

ハイそんな悩みをお持ちの方。

グランドカバーがあるじゃない

種類にもよりますが、芝生よりもお手入れが楽でコスト的にもヤサシイです。

 

グランドカバーになるおすすめの植物はこちら。

「リッピア(ヒメイワダレソウ)」

「シバザクラ」

「タイム」などなど

 

その中で今回紹介するのは「リッピア」

 

deacb3bc06ab41fd30f5ed582c0f5716

ご覧ください!!!

 

……。

「全然覆えてないじゃないか!」

と言われそうですが、そう焦らずに。

 

実際に植えつけたときは画像のように転々と植えます。

 

リッピアは水やりと踏みならすことでどんどん地面を這うように成長します。

植えつけ後しばらくは踏んでやりましょう。

 

そして、

f86b1851e409be516f9f971d8b328701

こうなります。

 

覆い放題です。

また、リッピアは雑草をも駆逐する繁殖力とのこと。(こわい)

なので、雑草対策にもなりますし、仮に雑草が生えてきても目立ちにくいです。

 

植える場所、土質など選ばなくても植えつけから根付くまで水やりをしっかりしてあげれば、後は放置していてもほとんど枯れることはありません。

 

しかし、暑い夏や日照りが続くようであれば水やりをしないと枯れてしまいます。

 

冬、雪が積もると寒さで一時的に地上部がなくなりますが、春になるとまた芽吹きますのでご安心を。

 

画像のように平板の上まで伸びてきます。

「伸びすぎ!」と思われる場所は切ってあげてくださいね。

 

このようにグランドカバーにはさまざまな種類があります。

雑草対策になるとともにそこそこ丈夫で、育てやすいという「リッピア」。

 

ぜひグランドカバーでお庭を緑で覆いましょう!!

 

》今回紹介した画像の施工例はコチラ《

コメントを残す

このスタッフのその他の記事はこちら