雪囲いをしました!!!

こんにちは。

はやいこと今年も最終月。来たる12月。来たる師走。来たるDecember。
関東圏のほうが降雪が早かったようで。
富山はいつ降るんでしょうか。(いっそのこと降らなくても・・・なんて思ったり



タイトルの通り先日、庭工房SEKITOH高岡店の樹木を雪囲いしました!!

早速写真でご覧いただきましょう。
before
DSCN4353

horizontal
after
DSCN4355

before
DSCN43541

horizontal
after
DSCN4356

どうでしょうか・・・。

竹内先生指導のもと、みっちり教わった成果です。

雪囲いの印象として全体的に''シュッ’’っと、まとまった印象がありますよね。
やはり、美観と機能性を重視しているようです。

雪囲いの機能として、「降雪から樹木を守ること」が挙げられます。
降雪により、枝が折れたり、はたまた樹木自体が倒れてしまったり…。こんなことがあっては一大事。

お庭を眺めたときの樹木の美観も重要ですが、その樹木を雪から守れていないと元も子もありませんよね
雪囲いには様々な方法があり、それぞれ美観と機能性がしっかりと守られています。

兼六園なんかが例として一番ふさわしいかもしれません。
雪吊りを一目見ようと毎年観光客で溢れてます。
私も去年行ってきましたが、とても美しい景色でした。
雪が降っていなくても降っていても雪囲いは素敵でしたよ


あなたのお庭の樹木たちは冬支度してありますでしょうか??
雪吊り・雪囲いでご用の方も、ぜひお問い合わせください!


では。

コメントを残す

このスタッフのその他の記事はこちら