シマトネリコ

DSCN1296-e1443494394137

こんにちは

 

 

最近は、秋晴れでしょうか

暑い日が続きますね!

 

 

さて、今回は富山店所属シマトネリコちゃんをご紹介したいと思います!

 

 

シマトネリコというと最近、シンボルツリーとして人気な樹木ですよね

 

 

シマトネリコ詳細

 

 

 

分類:半常緑

 

 

 

耐寒性:やや弱い(氷点下3℃以下の地域には向いていません。)

     暑さには強い。

      ※寒さには弱いですが春~秋にかけての比較的暖かい時期は鉢植えとして育てることが出来ます!

      現在、育てているシマトネリコも鉢植えで購入し冬には室内に入れます。

 

 

日照:日向を好みますが半日陰でも育ちます。

 

 

水やり:乾燥に弱いので土が乾いたらたっぷりと。

     しかしやりすぎると根腐れの原因に繋がるのでやりすぎには注意です。

 

 

 

肥料:春から秋まで緩効性の化成肥料を置き肥したり、液体肥料を定期的に与えるとよいです。

 

 

 

成長速度:成長は早いですが刈込も出来ます。

 

 

 

害虫:比較的病害虫には強い木ですが、新芽を食うイモムシやハマキムシに注意しましょう。

 

 

 

管理:水もち・水はけのよい場所に植え、乾燥させないようにします。特に鉢植えでは気をつけます。
風通しを良くすると、枝がなびくのが美しいうえに、病害虫の予防にもなります。
一年目の冬を越せれば安心できます。

 

 

 

剪定:刈り込みに強く、剪定は難しくありません。
軽い樹形を維持するために刈り込むだけでなく枝をすかすような剪定も行います。

 

 

 シマトネリコは土に植付けする高さ6m~15mの樹木もあれば鉢植えとして1m程の樹木もあります!

 

 

 

 寒い地域では融通がきく鉢植えをおすすめします!

 

 

 

植物も太陽を浴び光合成を繰り返し生きているので出来れば暑い地域には暑さに強い植物を。

 

 

 

寒い地域には寒さに強い植物を外で育てることで緑豊かに元気に育ちます

 

 

 

それではまた!

 

 

 

コメントを残す

このスタッフのその他の記事はこちら