富山店ブログ

2019年10月5日|カテゴリー「富山店ブログ
6f220ed72fdb84615030493955d6856e


庭工房SEKITOHの木村です!
ご無沙汰しております!!!

1年間育児休業をいただきまして
この度無事に復帰いたしました。

また、お客様と素敵なお庭を作っていけるよう、
頑張っていきたいと思いますので
宜しくお願い致します

46259336d607ed2221ac25c4a129300f


さて、先日
石川県金沢市にて
エクステリアメーカー「タカショー」さんの研修会にいってきました!



新商品紹介もさることながら、
個人的にすごくいい!と思ったカタログがありました。


4f7a7a318adc7af295177cc4341535c6

上記写真手前の「STYLE BOOK」というカタログです。

中には、お庭のイメージ画像が載っているのですが、
テイストごとにジャンル分けされて書かれています。

お客様とお打ち合わせをする際、
特に初めてお会いするお客様とのイメージ共有がしやすくなるツールだな~
と感じました。

外構を何かしたいけど、何をすればいいか分からない・・・
雰囲気をうまく伝えられない・・・

など、漠然としたイメージをお持ちの方と
理想のお庭を具現化するために
とても有効なツールです!


ちょっとお庭の事、考えてみようかな~
と思ったら、ぜひご来店ください!
カタログを見るだけで、イメージが湧きやすくなります!


皆様のご来店、心よりお待ちしております
2019年10月4日|カテゴリー「富山店ブログ
こんにちは。
連日のブログライフでございます。石倉です。

昨日のブログに引き続き、今回は「アプローチスペース編」です!!!

《前回のブログを見てない方は「昨日のブログ」をクリックでページが切り替わります。》


まずは完成イメージを振り返ってみましょう!!
完成イメージ パース図

オシャレなブロックの袖壁に木調のアルミスリットの組み合わせました。

袖壁にはタイルの表札も取り付けます。

人が歩く動線には30cm角の平板を。色はブラウンを選びました。
また、コンクリートも合わせて打設し、ゲスト用のカースペースをもう一台駐車できるようにしました。

それでは工事工程の様子を見てみましょう!!!
アプローチ 平板敷き ナチュラル

30㎝角の平板を並べていきます。

なんで30㎝角なのか、といいますと、
玄関ポーチのタイルも1枚約30cmですので、目地のラインが(正確にピッタリではありませんが)綺麗に見えるからです!!

ポーチの目地ラインに合わせ、横に3枚並べ約90㎝の動線を確保し、直線で並べました。

袖壁 ブロック
門袖を積み上げている最中の写真です。

同じホワイトのブロックでも、表面の仕上げが異なるブロックを1段組み合わせました。
袖壁の真ん中より少し高い位置にアクセントを入れることで、「アイポイント」が生まれます。

袖壁自身に人の目が引き付けられるので、道行く人が、まず玄関に視線がいかないようにするためのワンポイントです!


アプローチ コンクリート

スリットも立ち上がり、コンクリートも打設し、植栽が入ることで一気に外構「らしさ」が出て全体の見た目が引き締まります。


ナチュラルにこだわり、「アースカラー」を意識したデザインとなりました。
アルミスリット 植栽 下草

玄関に近い側のアルミスリットと植栽。

下草の寄せ植えもバッチリです


アースカラーの「ホワイト・グリーン・ブラウン」にプラスして「アクセントカラー」となるカラフルな花々の割合が全体のバランスをうまく整えてくれています。

家の顔 ファサード 門袖 植栽
袖壁には表札も取り付けられました。

メリハリをつけるため、表札は黒色を選択されました。

見せたい部分はハッキリと。一目で表札がどこにあるのかが分かります。
メリハリをつけるのは大切ですね!



サイクルポート 外構 エクステリア
袖壁⇒植栽ときてサイクルポートも設置されました。


道路から見た時に出来るだけ自転車が見えない位置に配置しました。
防犯性に優れた位置に自転車を止めたいですよね。

玄関にも近く、アプローチを通って自転車を止められる1番理想的な位置です!

サイドパネルも取付いて雨風の吹き付けから自転車を守ってくれます。
工事完了 外構 エクステリア

前面の道路から見た写真です。

玄関に近い側のアルミスリットの高さを袖壁側のアルミスリットよりも少し高くし、奥行き感とリズム感を出しました。

何もなかった状態から、外構を丸々ご提案させていただき、住宅の外観に馴染むナチュラルなエクステリアとなりました!

お庭のスペースには芝生もあり、ご家族で団欒できる空間もございます!


お客様のご意見もお打ち合わせの際にたくさんいただき、素敵なエクステリアに仕上がりました。


いかがでしょうか??
今後もエクステリアについて情報を発信してまいります!!

2019年10月3日|カテゴリー「富山店ブログ
おはようございます!!
石倉です!

今日は朝から風が強いです。明日、また台風が近づいてきてるだとか・・・。
天災が起こるたびに思いますが、最小限の被害で済んでほしいものです。
そのためにも出来る対策や予防策をしっかりと練っておきましょう!

さて、本日も工事の過程のブログです。


新築を建てられ、これから外構工事!という段階でご来社いただき、プランニングいたしました。

施工前 外観
施工前 外観②

角地でL字に道路が隣接し、土が道路に向かって下がっているのが分かります。
また、玄関から道路までのスペースも来客時にゲストが歩くアプローチが十分にとれそうです。

ご要望は
・カースペース2台+ゲストカースペース1台
・アプローチ
・境界ブロック+フェンス
・サイクルポート

という事でした。
住宅の外観に合ったテイストでご提案させていただきました。

完成のイメージパース図です!


完成イメージ パース図
住宅の外壁の白色に馴染むよう、
「ブラウン」「グリーン」「ホワイト」の「アースカラー」を意識し、デザインをまとめました。

アースカラーを意識することで、自然を感じさせるナチュラルで柔らかい印象が与えられます。


まずは境界の工事の様子を覗いてみましょう!!
三段階にわけて工程の説明をします。




まずは施工前をご覧ください!
境界 施工前
土が道路に向かってかなり傾いています。
それを緩和するためにブロック積みをします。

まずはブロック積みの下準備、基礎工事です。
境界 基礎
ブロックを積むうえでしっかりとした一定の強度を持たせるための工事です。
写真でわかる通り、「先端に黄色のマルい物体」がついているのが鉄筋です。
決まったスパンで鉄筋を通し強度を高めます。


二段階目は、いよいよブロックを積み始めます!
境界 ブロック コンクリート
基礎の上に3段化粧ブロックを積みました。
ブロックを積むことで「土留め」の役割を果たしてくれます。

道路側に傾いていた土の高さを上げることで、傾きを少し緩和でしました。
(水ハケをよくするために完全な水平にはしていません。)



そして三段階目、フェンスを設置します!
境界 フェンス 植栽 テラス
フライングでお庭の部分が見えちゃってますが、フェンスが立ち上がりました!

これでお庭に出た時も道路からの視線が気になりませんね!!

境界 目隠し フェンス
プライベート空間を確保するために必要になってくる目隠しがご要望の方は多いので、
現場の状況に応じてご提案させていただいております。

どれくらいの高さが必要なのか。

どこまでの長さが必要なのか。

現地調査も行っておりますので、ご要望にあった目隠しをご提案いたします。
どうぞお気軽にお問い合わせください!




境界工事編はこれにて終了。

次回はアプローチスペース編でお会いしましょう。


では。
2019年10月2日|カテゴリー「富山店ブログ
こんにちは~。

石倉です。

キンモクセイのイイ香りがどこからか漂う季節となりました。
みなさんは秋といえば何を思いつきますか??



さて、現在工事中のアプローチ工事の様子をお見せいたします。


before
施工前 
horizontal
after
着工時
現地調査時/施工前の様子が左側の写真です。

可愛らしい洋風な外観の新築です。引き渡し後に敷かれた砂利のままでした。


着工時(工事1日目)の写真が右側です。
敷いてあった砂利を撤去し、仕上がりのレベル(高さ)を計算しながら土を漉き取ります。


アプローチ 工事中
アプローチの形が見えてきました!!!

レンガの花壇と自然石の乱張りはアプローチのアクセントのポイントになります!!


簡易的なものにはなりますが、工事期間中はベニヤ板などで玄関への動線をしっかりと確保させていただいておりますので「家の中に入れな~~~い!!」なんてことはございませんのでご安心ください(笑)



乱張り 自然石
乱張り部分のアップです。

乱張りは自然石なので石1枚1枚が異なります。
現場で石の形を見て組み合わせ、綺麗でありながらも自然でナチュラルなラインを生み出してくれます。


パース図
完成の仕上がりイメージです。

アプローチはこの後コンクリートを打設します。
表面の仕上げは※刷毛引き仕上げにしました!
(※コンクリート表面をハケで撫で、あえて表面をザラザラとした質感にする仕上げ方法です。)

住宅付近には天然芝を。
樹木はオリーブとシャラを植栽の予定です。

花壇スペースにも少し下草を植えさせていただきます!!


完成が楽しみです
S様、工事完了までよろしくお願いいたしますッ!