幾何学的な土間コンクリート|富山市 氷見市

DSCN5008

天気

 

富山市O様邸。

幾何学的な土間コンクリートになる予定。

これには理由があり、

玄関周りの外壁のラインに合わせて、放射状に。

そして植栽帯もこの放射状に合わせて斜めにスリットをいれてあります。

建物がシンプルなので、外構も主張しすぎないようにしました。

 

もうひとつは氷見市。

こちらはお客様指定の模様なのですが、スリットが大量に入っております。

そして、夕方雨が・・・

ブルーシートを購入して現場に走りましたが、なんてことなく拍子抜け。

ちょっと雨に当たったくらいで大丈夫でした。

 

明日はタカショーの会員全国交流会のため東京へ。

気を付けて行ってきます

(竹内からリラックマグッズを頼まれているのは何故だろう・・・

コメントを残す

このスタッフのその他の記事はこちら