+G(プラスG)で庭を間取りました 高岡市

P1020399
高岡市でリガーデン工事をさせていただいております。

画像右側に見える仕切りが+Gと呼ばれる商品。

目隠しをすることで庭を間取り、プライベート空間を創ることが出来ます。


P1010325
こちらが施工前。

天然木のフェンスやデッキが経年劣化により、傷んできていました。


P1020450
ラチスフェンスは撤去し、+Gの格子パネルを採用。

以前より目隠しの効果が増したことで、ウッドデッキのフェンスを省くことが出来ました。

ウッドデッキは樹脂木製の樹ら楽ステージを取付。

動線や使い勝手をお客様と相談し、ステップの位置やガーデンパンの位置を変更しました。


P1020457
ウッドデッキから。

駐車スペースから玄関までの動線部分は「空き」を設けてあります。

よく通る部分は天然石の乱貼りと洗い出しに。

あまり通らない部分はステップと砂利敷きとしました。

今回は格子パネルを3段にしましたが、状況によっては4段までパネルを入れることが出来ます。

このように現場の状況や要望を色んなバリエーションでご提案できる+G。

反面難しい部分もあるので、より良い提案が出来るよう勉強していきます!


コメントを残す

このスタッフのその他の記事はこちら