白を基調にしたエクステリア|高岡市

白い外構アップ
高岡市で施工させていただいた、白を基調にしたエクステリアを紹介します。
建物の色に合わせた白い門袖にブラウンのスリットフェンスでアクセント加えました。
シンボルツリーの緑も合わさって、全体的に明るいナチュラルテイストなエクステリアになりました。
ご要望

アプローチと駐車スペースは作ったものの、残りの土の部分が手つかずで、お手入れが楽で素敵なプランをたてて下さい、とのことでした。

 

境界はスッキリとかつ、目隠しをご希望でした。

ビフォア1

着工前はコンクリートのアプローチとカーポートがありました。

ビフォア2

リビング前の庭です。

ビフォア3

境界には年代もののコンクリートブロックが積んでありました。

アプローチ

既存のアプローチを活かしつつ、くびれた部分に白の塗り壁とアルミスリットフェンスを配置しました。

 

また、無機質感を無くす為にジューンベリーとエゴノキを植えました。

 

2本植える事で奥行き感を演出しています。

地窓から見る花壇

車庫の後ろに花壇を設け、道路からの見栄えが良くなり、地窓からも緑を楽しめるようになりました。

境界

既存のブロックは撤去し、新たに境界をはっきりさせる為、布基礎コンクリートを打設しました。

 

リビング前は目隠しにブロックとアルミフェンスを建てました。

 

道路からの視線を遮る為、常緑樹のシラカシを植えました。

 

庭は芝生を張り、子供さんも遊べるようになりました。

提案イメージパース

パース1
パース2