ナチュラルテイストのセミクローズ外構|氷見市

DSCN23941
氷見市で施工させていただいた、ナチュラルテイストのセミクローズ外構を紹介します。

ご要望は

①歩行者の往来が多いので道路からの視線を隠したい

②樹木・花壇が欲しい

③手つかずの玄関回りを見栄えよくしたい

④敷地がT字路の角地のために、内巻に敷地を横断していく車に目印になるような物を設置したい


との事でしたので外観に合わせてナチュラルな外構を目指しました。


before
DSCN1955
horizontal
after
DSCN2395

玄関周りにはスリットフェンスとブロック門袖でナチュラルテイストのセミクローズ外構を演出。

ブロック門袖にはガラスブロックが入っており、おしゃれなアクセントになっております。

笠木にもフェンスと同様の木調アルミラッピング材を使用し、よりナチュラルで統一感が出るようにしました。

玄関前のポストとスリットフェンスにより、リズムの感じられる見ていて楽しいアプローチになりました。


before
DSCN1952
horizontal
after
DSCN23931
セミクローズ外構とは、オープンとクローズの中間のような外構のことです。
内と外を仕切っているけど、門扉などで閉じきっていない外構です。
特にお客様の敷地は角地のため、角の境界にクローズの要素のフェンスや花壇を設けることによって
道路と敷地の境界をはっきりさせることが出来ます。


DSCN23971

敷地境界にはレンガ花壇を作りました。

ナチュラルテイストになるように白色レンガを選択。

樹木は害虫に強いソヨゴと、タマリュウを使用しております。


DSCN2392-e1445309177496

駐車場には、外壁への

車の衝突防止にパーキングブロックを設置。

before
DSCN1952
horizontal
after
DSCN23891

大きな窓付近には程よい高さのフェンスでプライベート空間を確保しました。

フェンスには木調のアルミ横板張りのものを使用。

木調ラッピングを施したアルミ商材は、ナチュラルな雰囲気を演出できます。

これで道路からの気になる視線も遮られ、芝生での家族団らんの機会も増えそうです!


before
00712
horizontal
after
01217

サービスヤードには、防草シートと化粧砂利を敷き、

草むしりの手間を軽減しております。



「ナチュラルテイストのセミクローズ外構」

その他の、ご提案詳細はコチラ↓

道路からの視線を隠す目隠しフェンス

ガラスブロックと枕木の門袖