タイル階段を乱張り施工でリフォーム 高岡市

DSCN18951
高岡市のM様邸の施工例です。
元々あるタイルの階段とコンクリートのアプローチ、
年季が入っていて汚れや欠けが目立つのでリフォームしたいとのご要望でした。
今回はタイルではなく、自然石の乱張り施工をご提案させていただきました。自然石の風合いが格調高い玄関周りを演出してくれます。

before
DSCN0228
施工前の階段とアプローチ。目地に染み付いた汚れやタイルのキズが残っています。
horizontal
after
DSCN1892
自然石の乱張り施工で階段とアプローチ部分を統一しました。階段のフチ部分は方形の石を敷くことで、シャープなラインが出てすっきりまとまりました。
DSCN1894
隅の納まりも乱張りですっきりまとまっています。
自然石を乱張りで施工する場合、【表面の大きさのバランスを見ること、目地の幅と均等にすること、目地が十字を切らないようにすること】が大切です。
また、表面からではわからないですが、自然石はタイルやコンクリート製の平板と違って一つ一つの厚みに多少の違いが出てくるので、表面の高さを合わせるのも大変なのです。

まさに職人さんの技術が光る施工なのですね
DSCN1891-e1460874267518
毎日通る玄関前だからこそ、しっかりと整えておきたいものですね。
M様ありがとうございました