雑草対策 ヒメイワダレソウ(リッピア)

ヒメイワダレソウ
雑草にお困りの方は多いのではないでしょうか。

今回はそんな方におすすめの植物、ヒメイワダレソウをご紹介します。

ヒメイワダレソウ、別名リッピア。

上の画像がヒメイワダレソウです。

雑草が生えるのを抑制してくれ、お手入れも簡単な、とても優れた植物です。



7cd93082c23c0bf3fb17ede56d0dab4d
ヒメイワダレソウ植え付けです。

1m2あたり4ポットを目安として配置します。

早めに地面を覆わせたいときは、1m2あたりのポット数を増やして下さい。


日当たりを好み、排水性の良い土が適しているので、日陰や、水はけの悪い場所は不向きです。

日当たりはどうしようもないですが、水はけに関してはなんらかの改善は出来ると思います。

例えば、土を入れ替える、排水管を通す、暗渠パイプを入れるなどなど。

この辺になると、専門店などに相談されることをおすすめします。


根付くまでは水やりが必要です。

根付いてしまえば、雨だけでも十分育ちます。




8349cdb1405335299b7e341e80a030ff
植え付け後、ヒメイワダレソウが開花しました。

開花期は5月から9月にかけて。

画像は白い花ですが、ピンクもあるので、好みに合わせて選ぶことができます。

根が張り出したのか、背丈がちょっと伸び、勢いがでてきました。

まだ、グランドカバーとはいえないですね。


肥料に関しては、あげることで、生育がよくなりますが、

あげなくても十分生育可能です。



ef3314d9a93569adf2f635ed9e9bf152
約半年で、グランドカバーらしくなってきました。

ヒメイワダレソウは横へ伸びる力が強いので、伸びてほしくない箇所はカットが必要です。


グランドカバーといえば、芝生が代表格ですよね。

お手入れの状態が良ければ芝生の方が綺麗です。

ただ、芝生はお手入れがちょっと・・・と思われていることでしょう。

このヒメイワダレソウは芝生のように、芝刈りやエアレーションの手間が省けます。








DSCN88971
ここまで繁殖すれば、雑草はあまり生えてこなくなるでしょう。


ある程度放置しておいても問題ありませんが、踏みつけることで、

背丈が抑えられ、より綺麗に見えるようになります。

冬は地上部の葉や茎が枯れてしまいますが、春になるとまた芽吹いてきます。


土のまま放っておくのは、雑草が生える。

かと言って、コンクリートにするのも味気ないな、と思っている方には最適だと思います。

彩りも鮮やかなヒメイワダレソウで、素敵なガーデンライフを!


参考の施工例はこちらまで↓