涼しい庭のつくりかた

e12e5b4e4493728bfae93b28056e48511
例年の事ですが、梅雨明けとともに暑さ厳しく、暑いと中々外には出にくいものですよね
そこで今回は暑い夏もお庭で快適に過ごすために
「涼しい庭つくり」のポイントをご紹介したいと思います

日陰をつくる

45aee310e964a739372cb2ba3094c32a
473e66351f72f427f849157ad457ad39
e3b7153122a26b80030f82a2d08af801
シェードやオーニング、ロールスクリーンなど取り付ける事によって日陰をつくり、温度を下げる方法です。
太陽光線を防ぐので、室内温度の上昇を抑え、エアコン効率がアップする効果もあります!
また、気になる目線を遮る目隠し効果もあります

植物の蒸散効果を利用する

7064ee8330b4c63567b550e5e6010719
暑い夏の日、公園や街路樹など、木陰に入って休む事がありますよね、木陰は何故涼しいのか?
それは植物の葉から水蒸気が放出され、気化熱で葉の下側の空気が冷える「蒸散作用」によるもので、
冷たい空気が暖かい空気へと動く事により風も発生し、木陰は心地よい空間を生み出す事ができるのです

床面の温度上昇を防ぐ

008-11
DSCN20572-columns11
07f5f477f715d6f0030d50302cc44897
fb94343bc8500a27183b5ed89e72e232
コンクリートやアスファルトの床ではなく、自然の石や土を焼き固めたレンガ、タイルを床面に使用する事で
温度上昇を防ぐことができます。
最近では人工木のウッドデッキやコンクリート製の舗装材も、温度上昇を軽減する仕様の製品がでてきています。

また、朝や夕方の涼しい時間に「打ち水」をすることで、水が蒸発する時の気化熱の効果により体感温度は
約2℃変わります!2℃は大きいですね


水の流れで涼しさを感じる

DSCN92581
水の流れを見ていると、そこから水そのもののイメージではなく、涼しさや爽快感をイメージし、
また、水の音には癒しの効果があります。

ぜひ涼しい庭で快適な夏を過ごしてみてはいかがでしょうか?