最近話題の「ファサード」って?

4d9a5a2e9c80eb907488eab55432ebec
最近、エクステリアの各メーカーが力を入れているのが、「ファサード」のリフォームやリノベーション。
庭工房SEKITOHにもファサードについてのカタログやチラシが置いてあります。

今回はこの「ファサード」について紹介したいと思います。

「ファサード」って?

ファサードとはフランス語で、「建物の正面」という意味です。

エクステリア業界では、アプローチや駐車スペースといった建物の正面に造られるような物やスペースのことを指しています。
アプローチや駐車スペースは住んでいる人はもちろん、その家に訪問された方も必ず通る場所だと思います。
このファサード部分を素敵にすることで、家や通る人たちの気持ちを晴れやかに変えられるのでは?
ということで、庭工房SEKITOHでもこのファサード関係の商品やデザインの提案などに力を入れています!

これから新築される方はもちろんですが、今あるアプローチや駐車スペースをリフォームやリノベーションしたりして
ドレスアップすることも出来ます(^^)/
before
DSCN30211
horizontal
after
DSCN4381
リノベーションとは、手を加えて良くすること、修復といった意味があるそうで
庭工房SEKITOHでもファサードのリノベーションをさせていただきました。

上の写真ですが、アプローチの周りに直植えされていたサツキを化粧ブロックで花壇を作り植え直しました。
ただ花壇を作って植え直しただけなのですが、すっきりまとまって見えませんか?
花壇の立ち上がりがより立体的で、奥行きが出来て玄関の方に導かれているような感じがします。

写真の事例についてはこちら→射水市 モダンなアプローチ
before
DSCN63252
horizontal
after
10e8d5a7d6ab64f508c7712fca874336
写真を撮る時にもポイントとして紹介されるフレーム効果。
エクステリアデザインでもこのフレーム効果が発揮されます!
上の写真のフレーム効果ではLIXILの「プラスG」という商品を使っています。
実はカーポートがあるだけでもフレーム効果があります(笑)
さらにアプローチにもフレームを付けると立体的なファサードに変わります!

写真の事例についてはこちら→プラスGと門扉のある門周り|高岡市
plan_img01_n
他にも門袖に笠木をプラスするとこんなオシャレなアプローチになります!
こちらはブロック塀の上と横を囲んでいるのは、三協アルミの「フィオーレ」という商品です。
ブロック塀だけは何処にでもあるような門袖が、笠木を付けるだけで一気に特別な雰囲気にしてくれますよね!!
また、笠木は雨だれを防ぐので、ブロック塀に汚れを付きにくくする効果もあります(^^)/
plan_img01_n-1
続いてのファサードアイテムはこちら。
LIXILの「ウォールスクリーンファンクション門袖」です。
門袖の笠木がフレームの効果も出している優れものです!
スリットフェンスを加えて目線を遮ってくれますので、目隠しにもなります。
before
plan_img02_n
horizontal
after
plan_img01_n-2
こちらは三協アルミのフレームです。
写真はフレームと門袖の笠木があるのとないのではこんなに変わってきます!!
ビフォーの写真では、石張りに目がいくので、自然と視線が下がってしまいますが
アフターの写真は上にカーポートやフレームがあるので、視線が上がり家全体を見ることが出来ます。






笠木やフレームは既存のアプローチにも後付けも出来ますので、ファサードアイテムが気になったらお気軽にご相談下さい(^^)/

ご相談はこちら